▼今すぐ『鋼の錬金術師』を見る▼


2001年から2010年まで連載されていた荒川弘によるファンタジー漫画『鋼の錬金術師』の実写映画が12月1日に公開決定!

「ハガレン」の愛称で爆発的ヒットを記録している原作漫画は現在までに、アニメ化・ゲーム化・ノベライズ化など様々なメディア展開をしており、満を持しての実写映画化となりました!

本作の設定に合うように撮影のほとんどイタリアで行い、すべて日本人キャストで実現した本作。熱心なファンが多いことで有名な『ハガレン』の実写化なのでファンの反応が気になるところですが、大コケする心配はなさそうです。

「鋼の錬金術師」の通り名で知られている主人公・エドワード役に『暗殺教室』や『グラスホッパー』の山田涼介さん。ヒロインのウィンリィ役には本田翼さんが抜擢されました。

さらに、劇中最強クラスの戦闘力を持つロイ役にディーン・フジオカさん、人工生命体のホムンクルスたちには本郷奏多さん、内山信二さんがキャスティング。他にも豪華キャストが顔をそろえています。

監督は『ピンポン』や実写版『あしたのジョー』などで監督を務めた曽利文彦さん。彼は漫画原作の映画を多くヒットさせているのでその実力は折り紙付きです

今回はそんな実写映画版『鋼の錬金術師』の魅力をご紹介したいと思います!

『鋼の錬金術師』のストーリー

鋼の錬金術師

かつて死んでしまった母を蘇生させるため、エドワードとアルフォンソの兄弟は禁断の錬金術「人体錬成」を行ってしまう。

「人体錬成」は失敗に終わり母は生き返らず、その代償としてエドワードは左足を失い、アルフォンソは体すべてを失ってしまった。

それから数年後、エドワードは失った体の部分にオートメイルと呼ばれる機械でできた鎧を身に着けて国家公認の錬金術師となり、人々からは「鋼の錬金術師」と呼ばれていた。

お互いに多大なものを失った二人の兄弟は、失った肉体を取り戻せる魔法の道具「賢者の石」を探す旅に出るのだが、その行く手には錬金術で生まれた生命体ホムンクルスたちが待ち構えているのだった…。

実写化不可能とまで言われた壮大なスケール

鋼の錬金術師

『鋼の錬金術師』はその独特の世界観と壮大なスケールのバトルアクションで日本では実写化不可能と言われていました。最近は日本も技術が上がってきてVFXを多用した日本映画も増えているので、実現可能だったようです。

特に錬金術の失敗により全身鎧の姿になってしまったアルフォンソはCGでないと絶対に表現できないキャラクターなのですが、本作では最新技術を駆使したCGで滑らかな動きを見せてくれています。

実は本作の監督の曽根さんはかつてCGアニメーターの経験があり、CGアニメ映画『アップルシード』をプロデュ―スするなどCGを得意とする監督なので、アルフォンスの動きやバトルシーンはハリウッド映画にも負けないクオリティーを実現しているのではないでしょうか。

ちなみにそんなお金のかかったアルフォンス役にはオーディションで100人の中からこの役を勝ち取った新人声優の水石亜飛夢さんが演じています。本来別の声優を起用する予定だったようですが、彼の演技に魅了され起用したそうです。

そんな日本映画における最新技術を詰め込んだ『鋼の錬金術師』。邦画屈指のアクションシーンに注目してみてください!!

実写版公開前にアニメ作品を復習しておこう!

多数の映像コンテンツをインターネット配信しているU-NEXTでは、2009年に制作されたテレビアニメ版『鋼の錬金術師』が全話配信中!

U-NEXTでは一部の作品が見放題になる31日間の無料トライアル期間の他に、有料作品で使えるU-NEXTポイントが無料でもらえちゃうキャンペーンも実施しています!

ぜひ実写版『鋼の錬金術師』公開前にアニメ作品を復習してみてください!

▼U-NEXTの無料トライアルはコチラ▼