▼今すぐ『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見る▼


日本で制作され、アメリカを始めとした海外でも大人気の士郎正宗さんによるマンガ・アニメ作品『攻殻機動隊』。

それを原作とし、ハリウッドで制作された初の実写化映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のDVD&Blu-rayが8月2日にレンタルが開始されました!

主演は『アベンジャーズ』や『ルーシー』など数々のアクション映画に出演してきたスカーレット・ヨハンソン。彼女の起用はアクションシーンも多い『ゴースト・イン・ザ・シェル』にぴったりですね♪

さらに、主人公が所属する「公安9課」部長の荒巻役にあのビートたけしさん、そして福島リラさんや桃井かおりさんが出演しているなど、日本原作らしい配役となっています。

日本原作、日本人俳優が多く出演しているとあっては、私たち日本人にとってまさに必見といえる作品ですね!

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のストーリー

ゴーストインザシェル

自分の記憶情報をネットワークに直接アクセスできる電脳技術が発達した近未来が舞台。そこでは人々は自らの肉体を改造し、サイボーグになることが当たり前となっていた。

とある事故にあい、記憶をなくし脳以外はすべてサイボーグとなったミラ・キリアン少佐(スカーレット・ヨハンソン)は自分の所属するエリート部隊「公安9課」を率い、日々犯罪やテロと戦っている。

そんなある日、開発中の最新サイバー技術の破壊をたくらむテロ組織を追うため、同僚バトー(ピル―・アスペック)とともに捜査に当たっていた。

組織が起こしたテロ事件を調べるにつれ、彼女は自分の記憶が何者かによって操作、削除されていることに気が付く。

少佐はだんだんと自分の過去を思い出していき、自身の壮絶な過去と電脳世界がもつ陰謀を知るのだった。

あの超名作にも影響を与えた原作マンガ

ゴーストインザシェル

日本のみならず、海外でも高い人気を誇る日本のマンガ作品。

アメリカではアメリカンコミック(COMIC)との分別を図るため、日本のコミックは「MANGA」として書店に並ぶなど、その人気は絶大なものです。

もちろんアメリカの子どもたちにも『ドラゴンボール』や『NARUTO』は大人気なのですが、大人向けのSFマンガも多くの大人たちを虜にしています。

映画化もされた『アキラ』はハリウッド版リメイクが企画されているほどの人気がありますし、今回ご紹介している『攻殻機動隊』もSF世界に新たな「電脳」と言われる概念を取り入れた歴史に残る名作です。

アキラ

今でこそ大人も楽しめるコミックも増えてきていますが、当時はまだコミックといば子供向きのヒーローものばかりといった状況。どちらも少々難解なストーリーで、子供向けとは言えない作風にもかかわらず、ここまで人気が出てのはアメリカをはじめとする諸外国に大人向けのコミックが少なかったからではないでしょうか。

そこに日本から『アキラ』や『攻殻機動隊』といった大人でも楽しめる、大人だからこそ楽しめるマンガが登場した時の衝撃は計り知れません。

その影響はハリウッドのSF映画にも及んでいて、『マトリックス』で描かれた電脳世界は『攻殻機動隊』そのままです

日本が外国のポップカルチャーに与えた影響は私たち日本人の想像を超え、これからも形を変えて世界に発信し続けることでしょう!

『ゴースト・イン・ザ・シェル』をU-NEXTでお得に楽しもう!

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のDVD&Blu-rayが発売される8月2日と同日にビデオオンデマンドサービスを行っているU-NEXTでの配信がスタートしました!

U-NEXTでは31日間の見放題作品が無料で楽しめるお試し期間の他にも、最新作で使えるU-NEXTポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中!!

U-NEXTの無料期間を賢く使って映画をお得に楽しんじゃいましょう!!

猛暑日が続く夏休みにはぜひ、U-NEXTに登録してお家で映画を楽しんでみてください!

▼U-NEXTの無料トライアルはコチラ▼