▼今すぐ『実写版 3月のライオン』を見る▼


『ハチミツとクローバー』で有名なマンガ家羽海野チカさんによる将棋マンガを実写化した映画『3月のライオン』。

前編・後編の2部作で成り立っており、17歳のプロ棋士桐山零の成長物語が描かれています。

監督は『るろうに剣心』シリーズや『ミュージアム』でマンガ原作からの実写映画を成功させてきた大友哲史監督。白熱した将棋のシーンは激しい動きはないものの、目を離せなくなるような映像を作り上げています。

主人公・桐山零を演じるのは子役出身の俳優・神木隆之介さん。彼はここ最近演技派の俳優として人気を博しており、声優としても評価の高いトップランナーの一人です。

マンガやアニメを原作にもつ実写映画が乱立している現代、マンガ作品からの実写化作品はその出来の悪さもあってファンから叩かれることも少なくありません。

しかし、本作は出演している俳優たちの演技、原作の再現度からファンからも高く評価され、前編を見た人の96パーセントが続く後編も見たいと答えるほど。

そんな世間から高評価を受けた『3月のライオン』は前編は9月27日、後編は10月18日からDVD&Blu-rayが発売されます!劇場公開を見逃してしまった方はぜひ見てください!

『3月のライオン』のストーリー

3月のライオン

17歳の若さでプロ棋士となった青年桐山零(神木隆之介)は小さいころに両親を亡くし、将棋士・幸田(佐々木蔵之介)の内弟子として育てられた。

零はプロ一年目で5段に昇格するほどの将棋の才能を持っている。しかし、将棋以外では高校に1年遅れで入学し、周りの生徒たちとうまくなじめないなど、内向的な性格で周囲から孤立してしまう。

順調に階段を駆け上っているかに見えた将棋の世界でもプロ二年目にして大きな壁にぶつかってしまうなど苦悩を抱えていた。

そんな時、川向に住む川本家との交流が始まる。小さいころに両親を亡くし、一人で生きてきた彼にとって川本家と過ごす時間は唯一の幸せを感じられる時間だった。

川本家との交流を通じて、獅子王戦・新人戦と次々と迫ってくる大会に向け自分の人生との葛藤を抱えながらも少しずつ成長していく。

邦画史上稀にみる豪華キャスト

3月のライオン

本作『3月のライオン』では主演の神木隆之介さんを始め、日本映画界屈指の演技派俳優たちが集結。

神木さんは内に燃え上がるような闘志を秘めているが、少し影のある桐山零をさすがの演技力で演じています。

その中で特に注目したいのが、桐山零のライバル二階堂晴信を演じた染谷将太さんです。

原作では二階堂晴信は零とは違い裕福な家の出身で、演じた染谷将太さんとは似ても似つかないぽっちゃり体系。

配役が発表されたときは細身でイケメンの染谷さんのキャスティングに困惑を隠しきれなかった原作ファンでしたが、公開されたビジュアルを見るとその評価は一変しました。

最新の特殊メイクで見事なまでのぽっちゃり体系になりきり、彼の演技もあってそれはまるでマンガからそのまま出てきたかの様です!

そのほかにも、伊勢谷友介さん・有村架純さん・伊藤英明さん・佐々木蔵之介さん・倉科カナさんなど日本人ならば知らない人はいないほどの豪華キャストが集まっています!

見て損はない傑作に仕上がっているいます!!

『3月のライオン』を無料で見られるのはU-NEXTだけ!

ビデオオンデマンドサービスを行っているU-NEXTでは『3月のライオン』のDVD&Blu-ray発売日の9月27日と10月18日より、配信が予定されています!

本来最新作を視聴するには課金が必要なのですが、31日間の無料トライアルキャンペーンに登録するともらえるポイントを使えばなんと無料で見ることが出来ちゃうんです!

皆さんもぜひU-NEXTの無料トライアルキャンペーンに登録して今年最大の傑作『3月のライオン』をおたのしみください!

▼U-NEXTの無料トライアルはコチラ▼