▼今すぐ『ジブリ作品』を見る▼

TSUTAYA DISCASの無料トライアル


スタジオジブリ出身の監督・米林宏昌監督による長編アニメーション映画『メアリと魔女の花』が2017年3月20日にTSUTAYAディスカスで配信開始!

本作はスタジオポノックによる初の劇場アニメーション作品で、イギリス人女性作家メアリー・スチュワートの『The Little Broomstick』をアニメ化した作品です。

主役には今話題沸騰中の実力派女優・杉咲花さんを起用し、天海祐希さん、佐藤二朗さん、神木隆之介さんなど実写映画さながらの豪華声優陣が出演。

まるでジブリ映画の『魔女の宅急便』と『ハウルの動く城』をミックスしたような世界観で描き出されるアニメーションとストーリー展開は傑作を予感させます。

今回は、そんな『メアリと魔女の花』の魅力をご紹介したいと思います!

メアリと魔女の花のあらすじ

古い時代に魔女の国から盗み出された「魔女の花」。その花は7年に1度しか咲かず「夜間飛行」と呼ばれていた。

その花が咲く森の近くに引っ越してきた11歳の少女メアリ(杉咲花)は偶然「夜間飛行」を見つけ出す。

「夜間飛行」の力によって一夜だけ魔女の不思議な魔法の力を手に入れたメアリは、魔女の国にある最高の魔法大学「エンドア大学」へ入学する。

しかし、メアリがついてしまった一つの小さな嘘が魔女の国全体を巻き込んだ大事件の引き金になってしまう。

メアリは魔女の国から逃げようと手に入れた「呪文の神髄」を使ってすべての魔法を終わらせようとするが、メアリはすべての魔法の力を失ってしまう。

新規アニメーションスタジオ
「スタジオポノック」とは

2015年に設立されたばかりに「スタジオポノック」は西村義明さんによって設立されました。

西村義明さんはスタジオジブリで『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『ゲド戦記』で宣伝を担当したのち、プロデューサーを務めるようになる。

『火垂るの墓』、『おもひでぽろぽろ』の監督・高畑勲さんの担当プロデューサーになってからは『かぐや姫の物語』をプロデュース。

その後スタジオジブリを退社し、独立。スタジオポノックを設立しました。

『メアリと魔女の花』が成功すれば、ピクサーアニメーション、スタジオジブリなどに並ぶアニメーション会社になるかもしれませんね!

ジブリお抱えの
元アニメーター米林宏昌監督

『メアリと魔女の花』の監督を担当した米林宏昌監督は元スタジオジブリのアニメーターでした。

公開されたティザームービーを見ると、まるでジブリ作品と見間違うようなアニメーションと世界観ですね。

その実力は原画を担当した『崖の上のポニョ』で、あの宮崎駿監督をうならせ、鈴木敏夫プロデューサーにはジブリで一番うまいアニメーターと評されるほどです。

実力を買われ、『仮ぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』の監督に就任しましたが、前述した西村義明プロデューサーとともにスタジオジブリを退社。新たにスタジオポノックを設立しました。

『千と千尋の神隠し』のカオナシのモデルといわれ、スタジオジブリの宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーからは「麻呂」と呼ばれ可愛がられていたみたいですね。

日本を代表する天才アニメーター・宮崎駿にも評価された米林宏昌監督の今後がこれからも楽しみですね。

最新作『メアリと魔女の花』をツタヤディスカスで!

新作が発売されるとレンタルビデオ店では在庫がなくなっている可能性がかなり高いです。

そんな時に便利なのが、宅配レンタルです!動画配信サービスが流行っていますが、ジブリ作品はどこも扱うことができません。宅配レンタルならジブリ作品が全部そろっていますよ

レンタルDVDがお家に届き、借り放題になるサービスを行っているツタヤディスカスでは30日間の無料お試しキャンペーンを行っています。

『メアリと魔女の花』などの新作映画は別に料金がかかってしまうのですが、無料トライアル中は旧作を無料で借りることが出来るのでとってもお得です!一度体験してみてください!!

▼今すぐ『ジブリ作品』を見る▼

TSUTAYA DISCASの無料トライアル


プチ情報!!
スタジオジブリの『魔女の宅急便』との関係

皆さんご存知、ジブリの名作アニメーション映画『魔女の宅急便』。

『メアリと魔女の花』の予告編を見たことがある方ならわかると思いますが、『魔女の宅急便』との共通点が多いとの声がSNSを中心に上がりました。

元々ジブリ出身の監督ですし、同じ魔女を主役とした映画なので似通った点が多いのは当たり前だと感じるのですが、少なからず『魔女の宅急便』から影響を受けていることは確かでしょう。

プロデューサーの西村義明さんによると21世紀の『魔女の宅急便』のような作品を目指して制作された作品の様です。また、「魔女、ふたたび」となっているキャッチコピーも『魔女の宅急便』からの影響を強く感じます。

しかし、『魔女の宅急便』を意識して制作されたもののストーリー、雰囲気や印象はまったく異なったものに仕上がっているみたいですね。

スタジオジブリを退社した西村義明さんと米林宏昌監督ですが、スタジオジブリとのの関係は非常に良く、本作『メアリと魔女の花』も鈴木敏夫プロデューサーを始めとしたジブリの大御所たちに意見をもらったりもしています。

本作を鑑賞した鈴木プロデューサーと高畑勲監督からは「好感を持てる」と評価され、宮崎駿監督には作品を見てもらえなかったようですが、完成が遅れたことを心配していたそうです。

ジブリのレジェンドたちにも評価され、ジブリの作風が色濃く出ている『メアリと魔女の花』。公開が楽しみです。