▼【「パディントン】を今すぐ見る▼


イギリスの大人気キャラクター「パディントン」を主人公にした実写映画第二作目『パディントン2』が1月19日から劇場公開されます!!

イギリスで80年代に発売されたロングセラー小説『くまのパディントン』を題材に実写化した第一作目はそのキャラクターの可愛さも相まって世界中で大ヒットを記録しました。

ファミリー向けの映画なのですが、批評家からの評価も高いのが本作の特徴で英国アカデミー賞でもキッズ部門で作品賞を受賞するなど大人も子供も楽しめるファミリー作品に仕上がっていると言えるでしょう。

また、本作はハリー・ポッターシリーズを手掛けたデヴィッド・ハイマンがプロデュースしていることもあって『ハリーポッター』に出演していたキャストが多く出演しています。

前作ではスラグホーン先生や、ハリーの親友ロンのお母さんモリー役だったキャストたちが出演していましたが、続編ではマッド・アイ役だったブレンダン・グリーソンが出演。ハリーポッターファンには堪らないキャスティングですね!

さらに、メインの悪役にはイギリス映画界の問題児ヒュー・グラントがキャスティングされています。恋愛映画のイメージが強い彼は以外にも逮捕歴があったり、映画さながらの恋愛劇を繰り広げるような映画のキャラクターからは想像できないような問題児です(笑)

そんな愛される(?)キャストたちが集結した『パディントン』。最新作を見に行く前にHuluを使って前作を復習しておきましょう!

『パディントン』シリーズのストーリー

パディントンの画像

言葉が話せるクマ「パディントン」はかつてある探検家と両親の間で結ばれた約束を果たすため、遥か遠いジャングルからイギリスのロンドンへの旅を始める。

憧れのロンドンへと到着したパディントンだったが、探検家の居場所も分からず、右も左も分からない初めての都会で戸惑っていた。

言葉をしゃべるクマを気味悪がり誰も相手にされず、途方に暮れていたところにブラウン一家が通りかかる。

ブラウン一家に拾われ、居候させてもらうことになったパディントンは都会の生活に馴染めなくて数々の問題を起こしてしまう。

そんなある日、長年にクマに恨みを持つミリセントがパディントンをはく製にしようと彼を追い始めるのだが・・・。(パディントン)

親切なブラウン一家の下で幸せな生活を送っていたパディントンはルーシーおばさんの誕生日プレゼントを探すためロンドンの骨董品屋を訪れていた。

骨董品屋で飛び出す絵本を見つけた彼は、本をプレゼントするため人生で始めてのアルバイトを始める。

しかし、パディントンがプレゼントする予定だった絵本が何者かに盗まれてしまい、パディントンは事件の犯人として警察逮捕されてしまう。

ブラウン一家は捕まったパディントンの無実を証明するため行動を始めるのだが、監獄に収監された彼は仲良くなった囚人たちと脱獄を計画していた・・・。(パディントン2)

愛すべきキャラクターパディントンとは!

パディントンの画像

本作の主人公「パディントン」は30年以上前からイギリスを始め世界各国で人気のキャラクターです。原作の児童書は世界中の言語で発行され、日本でも出版されています。

キャラクターの名前のモデルにもなったパディントン駅にはパディントンの銅像が設置され、30年たった今でも人々に愛され続けているのです。

そんなパディントン初の実写映画となった本作ではパディントンの声優選びが難航し、一旦『キングスマン』のコリン・ファースに落ち着いたようですが、結局白紙に。

最終的には『007 スカイフォール』のベン・ウィショーに落ち着き、皆が納得するパディントンになりました。

ちなみに日本ではイケメン俳優の松坂桃李さんが担当していて普段の感じからは可愛らしいクマのイメージが付きませんが、非常に評判のいいキャスティングになっています。

もちろん、続編でも声優は吹替え・オリジナルともに同じ俳優なので、クオリティーが下がる心配はなさそうです!

前作を復習するならHuluで!

現在Huluでは劇場公開に先駆けて前作『パディントン』を配信中です!

Huluには2週間の無料お試しキャンペーンも用意されているので、その期間中に映画を楽しむこともできちゃいます!

まだ、前作を見ていない方はぜひHuluの無料お試しキャンペーンに登録して、劇場に足を運んでみてください!

▼Huluの2週間無料トライアルはコチラ▼

©実写版『パディントン2』公開前に前作「パディントン」をHuluで復習しよう!