▼【ブレードランナー】を今すぐ見る▼


『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とし、SF映画界の巨匠リドリー・スコットが監督を務めた映画『ブレードランナー』。

30年以上も前に製作された本作はSF映画の最高傑作との呼び声も高く、今もなお作品を考察し続ける熱狂的なファンもいるほど、伝説となった作品です。

そんなSFファンが待ちに待った『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー2049』が3月2日よりレンタル開始となります!

主演を務めるのは『ラ・ラ・ランド』での演技が記憶に新しいライアン・ゴズリング。他にもジャレッド・レト、ロビン・ライト、デビッド・バウティスタが名を連ね、前作の主人公リック・デッカードを演じたハリソン・フォードも出演することが決定しています。

過剰ともいえる期待を受けている本作のメガホンをとるのは『メッセージ』や『ボーダーライン』で注目を集めているドゥニ・ヴィルヌーヴ。彼は難解な設定と美しい映像美を追求する監督として知られ、リドリー・スコット以外に『ブレードランナー』の続編を監督するなら彼しかいないと言えるでしょう。

発表された上映時間はボリュームたっぷりの160分!前作の118分に対して、本作はかなりの超大作になる予感がしますね!

『ブレードランナー2049』のストーリー

ブレードランナー

舞台は前作から30年後、2049年のカリフォルニア。人間と同じ外見をしているアンドロイド「レプリカント」が労働力として製造され、人間社会に溶け込んでいた。

人間とアンドロイドとの極度の緊張感の中、法を犯すレプリカントを取り締まる捜査官は「ブレードランナー」と呼ばれ、人間とレプリカント間の秩序を守っている。

ロサンゼルス市警のブレードランナーであるK(ライアン・ゴズリング)は事件の捜査中にレプリカント開発を進める組織ウォレス社の大きな陰謀を知る。

ウォレス社の闇を握るのはかつてすご腕のブレードランナーであったが、女性レプリカントとともに姿を消してしまった男、リック・デッカード(ハリソン・フォード)だった。

デッカードと出会ったKは彼と行動するうちに、デッカード命を懸けてまで守り続けてきた秘密、人間とレプリカントの秩序、そして人類の存亡に関する重大な真実を知っていく・・・。

人々を魅了し続ける『ブレードランナー』とは!?

ブレードランナー

『スタートレック』や『スターウォーズ』などの娯楽的なSF映画が人気を博していた当時、アンドロイドを奴隷として働かせ、自由を求めるレプリカントは非情に処分するといった退廃的なSF映画は非常に珍しいものでした。

公開された当時は一部の熱狂的なファンだけが支持するカルト映画として見られていましたが、現在ではすべての映画ファンが納得するSF映画の金字塔と言われるまでになりました。

本作はその難解な設定と観客に解釈を委ねるラストをとったことからその後様々なバージョンが作られ、ファンの間で議論が白熱。今でも論争のテーマになるほどです。

満を持して制作された続編はアメリカで行われた試写会で「前作を超える最高傑作に仕上がっている」と非常に高い評価を得ているので、「30年もたって今更続編かよ!?」と思っている方でも足を運ぶ価値はあると思いますよ!

前作の復習はHuluで!

現在、ビデオオンデマンドサービスHuluでは『ブレードランナー』の数あるバージョンの中から「オリジナル版」・「ディレクターズカット版」・「ファイナルカット版」の3バージョンが配信中!

Huluでは初回2週間に限り、無料ですべての作品が見放題になるお試しキャンペーンも実施しています!

『ブレードランナー』は一つの作品ながら、それぞれのバージョンで持つ印象がかなり変わるように作られているので、Huluでいろいろなバージョンを試してみてください!

▼Huluの2週間無料トライアルはコチラ▼

©『ブレードランナー2049』を観る前にHuluで復習しておこう!