▼【おそ松さんの第2期】を今すぐ見る▼


伝説の漫画家赤塚不二夫先生の代表作『おそ松くん』を約30年ぶりにアニメ化した『おそ松さん』。

かつて子どもだった主人公の六つ子たちが成長してニートな大人になってしまった世界を描くというかなりシュールな作風で2015年に放送されて以来社会的なブームを引き起こしました。

本作のファンの中には推しメンならぬ推し松を挙げる「おそ松Girls」と呼ばれる人たちまで登場し、今日までにネットやテレビを始め様々なメディアで取り上げられています。

そんな『おそ松さん』の第2期がテレビ東京などの地上波で10月2日(月)深夜1:30からスタートします!

その『おそ松さん』の第2期をdTVが最速で見逃し配信をします!見逃し配信は10月2日(月)12:00からスタートします!

もちろん、声優・スタッフともに第1期と同じメンバーが集結!安定のクオリティで第2期も楽しめそうですね!

今回は一大ムーブメントを巻き起こした大ヒット作『おそ松さん』の魅力をご紹介したいと思います!

『おそ松さん』のあらすじ

おそ松さん

親のすねをかじり続ける最悪な6つ子松野おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は結婚もせず、定職にもつかずのニート生活を送っている。

子どものときとは違い、それぞれが思い思い自堕落な生活を送る彼らの周りには出っ歯でうさん臭いイヤミ・おでん屋を経営しているチビ太・6つ子の憧れの女性トト子・不思議な研究をしている謎のおやじデカパン・意味不明な怪人ダヨーンなどおなじみの変人たちが集う。

そんな彼らはかなりきわどいパロディー・下ネタ・ブラックネタ全開で毎回ドタバタ騒動を起こしていく。

『おそ松さん』の人を惹きつける魅力とは!?

おそ松さん

子供向けアニメを大人向けともいえる作風にリメイクした本作はなぜこんなにもアニメファンたちの心を鷲掴みにしたのでしょうか。

まず、これまでのアニメ作品では個性がまったくなく、それぞれの見分けが一切つかなかった6つ子たちに個性をつけ、外見でも誰が誰だか判別できるように設定したのが理由の一つだと思います。

それまでは6つ子が主人公ながらイヤミやチビ太に焦点が当てられ、アニメでもイヤミが主役なのではと感じるような作風でした。

本作では6つ子を主役に復帰させ、イヤミ・チビ太はあくまでも脇役としての役回りです。そして、チョロ松はアイドルオタクでカラ松は厨二病といったように性格の違いが与えられています。

さらに彼ら6つ子には小野大輔さんや中村悠一さんなどの今をときめく人気声優がそれぞれ起用されていて、伝説となった第一話ではまるで乙女アニメのようなネタを連発。イケボ声優ならではのネタと馬鹿でモテないキャラを演じるギャップで声優ファンではない人たちも虜にしました。

そして何より、赤塚不二夫先生の死をネタにしたりのブラックネタから原作「おそ松くん」を踏襲した意味不明なナンセンスギャグの数々、他作品から文句を言われそうなパロディーといった『おそ松さん』にしかできないネタが盛りだくさん!

練り込まれた設定が多い現代のアニメ業界でで複雑な伏線や設定は一切なく、頭を空っぽにして楽しめる昭和のアニメがここまで大ヒットするのは異例なことなのではないでしょうか。

第1期がこれだけ成功したことで第2期への期待もかなり高まっていますが、そこは『おそ松さん』。それすらもネタにして一期以上に盛り上がるかもしれませんね!

『おそ松さん』を見返すならdTVで!

ビデオオンデマンドサービスdTVなら、『おそ松さん』の本編や第2期の見逃し配信だけでなく、Blue-rayに収録されたおそ松さんショートフィルムシリーズも配信!さらにJRAとコラボした完全新作アニメも配信しています!

dTVでは初回31日間に限り無料でお楽しみいただけるトライアルキャンペーンを実施中!トライアルキャンペーン中でも『おそ松さん』をお楽しみいただけます!

もちろんドコモユーザー以外でもご加入いただけるのでぜひお試しください!

▼dTVの31日間無料トライアルはコチラ▼

©大ヒットアニメ『おそ松さん』を第2期をdTVで見逃し配信!