▼【ザ・マミー/呪われた砂漠の王女】を今すぐ見る▼


ハリウッドを代表する有名モンスターたちを共演させる新規のシリーズ「ダークユニバース」。

その記念すべき第一作目となるホラー映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』11月22日にdTVで配信開始されます!

本作は1932年に公開され、ホラー映画の始祖ともいわれている作品、『ミイラ再生』を現代に置き換えリブートした作品です。

『ミイラ再生』は1999年の『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』に続いて2度目のリブートで、ハムナプトラは続編2作品が作られ、アメリカではアトラクションにもなるなど大ヒットを記録しています。

本作ではトム・クルーズやラッセル・クロウを始めとした豪華キャストが集結しており、ダークユニバースに対するユニバーサル・ピクチャーズの本気が伝わってきますね。

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』から始まるダークユニバースにどっぷり浸かるために、ぜひ本作を鑑賞してみてください!

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』のストーリー

2000年以上前の古代エジプト。

時期王位継承者であり、女王として君臨する野望を持っていたアマネット王女(ソフィア・ブテラ)は、ある日父親であるメネプトレ大王にに男児が生まれてしまい、女王の座をあきらめざるをえなくなる。

アマネットは一族に復讐するためエジプト神話の神セト(ハビエル・ホデット)に魂を売り、一族を皆殺しに。そしてその罪を恋人になすりつけようとしていた。

しかし、その思惑は神官たちに見破られ、彼女を永久にエジプトの地に生き埋めにされてしまった。

そして時は流れ、現代のイラクで反乱軍の基地を爆撃していたニック・モートン(トム・クルーズ)とクリス・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)は偶然に生き埋めにされたアマネット王女の棺を発見してしまう。

研究のため棺をイギリスに持ちかえる道中に、セトの肉体を求めたアマネットが暴走し飛行機にいた全員を襲い始める。

2000年の眠りから目覚めたアマネットは、腐敗した肉体を修復するべく人間の生気を吸い取りかつての肉体を取り戻しニックを殺そうと迫るが、秘密裏に活動ている対モンスター組織「プロディジウム」の舞台によって拘束された。

「プロディジウム」を率いているヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)はアマネット王女に呪われてしまったニックに、わざとセトを憑依させセトを倒す作戦を提案。

作戦の決行に悩むニックだったが、拘束されたアマネットは逃げ出し、ジキル博士はもう一つの人格である邪悪なエドワード・ハイドが表に出てきてしまい、事態はどんどん悪い方向へ・・・

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』の予告動画

ユニバーサル・ピクチャーズが作り出す「ダークユニバース」とは

ユニバーサル・ピクチャーズが社運をかけて計画している超大作シリーズ「ダークユニバース」。

それは、マーベルシネマティックユニバースやDCエクステンデッドユニバースのようにいくつもの映画作品を同一世界観で描きクロスオーバーさせる今流行りの手法を使って展開していきます。

「ダークユニバース」には本作で登場するミイラを始め、フランケンシュタイン、透明人間、ドラキュラなど30年代にハリウッドで大流行したモンスターたちの登場が計画されています。

現在、2019年に公開される『フランケンシュタインの花嫁』、『大アマゾンの半魚人』や『ノートルダムのせむし男』を含めた10作品の公開が予定されていて、どれも伝説的なハリウッドモンスターが描かれるみたいですね。

マーベルシネマティックユニバースにおける「シールド」のような各映画作品をまとめ上げる位置には秘密組織「プロディジウム」がいますし、サミュエル・エル・ジャクソンが演じたニック・フューリーの位置にはラッセル・クロウ演じるジキル博士が使われていくのではないでしょうか。

また、本作に主演したトム・クルーズを始め、各映画それぞれに最高に豪華な俳優の主演が決まっています。

「フランケンシュタイン」役にハビエル・バルデム。「透明人間」役にはジョニー・デップ、そしてシリーズのキーパーソンになるであろうジキル博士にはラッセル・クロウといった豪華な面々です。

おそらくこれらのキャストが集結するダークユニバース版『アベンジャーズ』のような作品も作られていくはずなので、このキャストが一堂に会したらどうなってしまうのか、今からかなり楽しみですね!

同じ原作を持つ『ハムナプトラ』シリーズと『ザ・マミー』を観るならdTVで!

本作と同じく『ミイラ再生』をもとに制作された『ハムナプトラ』シリーズ。

当時最新のコンピューター技術を用いて制作された虫や砂嵐は今見てもかなりリアルで、ゾッとするような気持ち悪さを味わうことができます。

そんな『ハムナプトラ』シリーズの3作品全てが配信されているdTVでは常時12万もの動画コンテンツが配信中です。リブート作『ザ・マミー』も11月22日から配信されるので見比べてみるのもアリですね!

月額500円とかなり安めの値段設定に加え、31日間の無料おためし期間もありますし、もちろんdocomoユーザー以外の方も楽しめます!

ハムナプトラシリーズは全て見放題作品なので、無料期間中も追加料金がかからないので安心して見ることができますよ!

▼dTVの31日間無料トライアルはコチラ▼

©【ザ・マミー】を見る前にハムナプトラシリーズを復習しよう!