▼【不能犯】を今すぐ見る▼


2013年から「グランドジャンプ」にて連載されている人気漫画を原作とした映画『不能犯』。2018年2月1日の劇場公開に連動しているdTVオリジナルドラマとして2017年12月22日から配信がスタートします!

洗脳や呪いなど、不可解な手口で殺人を繰り返していく様をサイコサスペンス風に描いている本作。グロテスクな描写も多々描き出されている原作なだけに実写版でどのような表現をされるのか注目が集まっているようです。

「不能犯」とは明らかな犯罪にも関わらず証拠を選られなくて立件できない犯罪のことで、呪いによって死んだ人がいても呪い自体が原因だと立証できず罪に問われないということが紹介されています。

宇相吹は実際に自分が手を下す訳ではなく、マインドコントロールや洗脳によって殺害していく「不能犯」のため警察には逮捕できないのです。

本作のメガホンを取ったのはリングと呪怨がコラボレーションした『貞子VS伽耶子』、『コワすぎ!』シリーズなど数々のホラー映画を制作してきた白石昇士監督。本作はホラー映画ではありませんが、ホラー監督ならではのゾクゾクできる演出に期待できますね。

dTVで独占配信されるドラマ版では実写映画版の前日譚を描くそうで、殺人鬼宇相吹がどのような人生を歩んできたかわかるようです。

今回はそんな実写版『不能犯』についてご紹介したいと思います!

『不能犯』のストーリー

不能犯

未解決事件に関わっている経歴不詳でいつも黒スーツを着ている謎の男・宇相吹正(松坂桃李)はマインドコントロールを使って殺人を犯し続けていた。

ある電話ボックスに殺してほしい人物の名前と連絡先を書いて張り付ければ宇相吹が完璧に殺してくれることから、彼は別名「電話ボックスの男」と呼ばれている。

彼の殺人はどれも立証できるものではなく、完全犯罪が成り立ってしまっているため警察は彼を逮捕することができずにいた。

そんな中、正義感に溢れる女性刑事・多田(沢尻エリカ)が彼の逮捕に乗り出す。宇相吹の身柄を確保し、事情聴取を始める警察だったが彼の能力によってベテラン刑事たちが惑わされてしまう。

しかし、多田だけはなぜかコントロールできないことを知った宇相吹はとんでもない手段を取るのだが…。

松坂桃李さんを始めとする豪華キャストをご紹介!

不能犯

主演を務めるのは『エイプリルフールズ』や『ユリゴコロ』でおなじみの松坂桃李さん。主人公・宇相吹のトレードマークであるニヤリと笑った不気味な笑みは完璧そのもの。高い演技力を本作でも見せてくれています。

他にも宇相吹に翻弄される女刑事・多田役に沢尻エリカさん。多田は原作では男性キャラクターでしたが、実写版では沢尻さんに合わせて女性に変更されているようです。

さらに、多田の部下・百々瀬役に新田真剣友さん、更正した元不良・川端役に間宮祥太朗さん、宇相吹に殺しを依頼する女性・木村約に真野恵里奈さんがキャスティング。

新田真剣友さんはサニー千葉の愛称で海外でも人気の日本人俳優・千葉真一さんの息子だそうで、その演技力に納得です。最近多くの映画に出演しているので、これからが楽しみな俳優の一人ですね!

彼らによって生み出されていく『不能犯』の世界。演技派の俳優が多く揃っているので完成度の高い実写映画になるのではないでしょうか!

オリジナルドラマが見られるのはdTVだけ!

映画・ドラマ・アニメなど数々の映像コンテンツを配信しているdTVでは2017年12月22日から『不能犯』オリジナルドラマが配信開始

dTVには31日間の無料トライアルキャンペーンもあるので、お得に楽しむこともできちゃいます!もちろん、ドコモユーザー以外でも登録できますよ!

今年中にオリジナルドラマ版を観ておいて来年の実写映画に備えておきましょう!

▼dTVの31日間無料トライアルはコチラ▼

©映画実写版『不能犯』と連動してdTVオリジナルドラマが配信!